レーシックイメージ

症例件数の多い病院でレーシックを受ける

最近レーシックを受ける人が増加しています。
レーシックとは、目の角膜を削り角膜の中央部にエキシマレーザーを当て視力を矯正する手術の事です。
1990年代にアメリカで流行しました。
2000年1月に日本でも厚生労働省に安全性を認めら認可を受けてから、レーシックを受ける人は年々増えています。
アイドルや有名なスポーツ選手が手術を受け視力が回復したと世間で騒がれると、瞬く間に人気は高まりました。
手術自体は痛みもなく、短時間で簡単にできるというのも人気の理由です。
目薬で麻酔をしますので痛みを感じません。
何かが当たっている感じがしたり、圧力を感じる事はありますが、痛みはないので安心です。
15分から20分で手術は終わり、その日の内に帰宅できますので、忙しい人も日常生活に支障をきたす事なく受ける事ができます。
目の角膜の表面を削りフラップを作り、角膜の中央部にレーザーを当ててからフラップを元に戻すという、とても簡単な手術です。
フラップを元に戻しますので見た目は変わりなく、ツルツルの元の目に戻ります。
見た目は変わりませんが、数時間後には視力は回復するのです。
人にもよりますが、術後2時間から3時間ではっきり見えると実感できます。
1ヶ月ほどはぼやけて見えたり左右違って見えたり、ドライアイやハロ・グレアといった状態になる人がいてますが、だんだん改善されていきます。
3年前にレーシックを受け、1ヶ月ほどはドライアイやハロ・グレアといった状態になりました。
ドライアイは目の角膜の近くの神経を傷付けてしまうため知覚感覚が鈍くなり、瞬きをする回数が減ってしまうため起こります。
この事を知っていたので、意識して瞬きをしていましたので、早く改善されました。
ハロは夜の光がにじんで見える事で、グレアは夜の光が眩しく見える事です。
しばらくは夜間の車の運転は控えました。
対向車の光が眩しかったり、街灯の光がにじんで見えたので危険だからです。
しかしこの現象も1ヶ月程で気にならなくなりました。
今でも1.5の視力を保ち快適な生活を送っています。
受ける前はとても悩みました。
本当に視力は回復するのか、失敗して失明しないだろうかと、とても不安でした。
自分なりに色々調べ信頼のできる病院を見つけました。
その病院を信頼できた1番の理由は症例件数の多さです。
数多くの症例件数があれば腕は確かだと思えたからです。
色々な患者さんを見てきて知識も豊富だろうし、手術にも慣れていて安心できました。
不安な気持ちのまま手術を受けるのはよくないので、病院選びは慎重に行う必要があります。
症例件数が多いのも選ぶポイントですが、あとは料金体系が明確かどうかというのも大切なポイントです。
だいたいは事前検査や術後の検査など、全部含めた金額を提示している病院が多いですが、なかには検査は別途必要になったり、後からどんどん費用が付け足されていくという病院もあります。
気をつけて調べないといけません。
あと安いから良いというものでもありません。
レーシックは年々最新の機器が使われるようになっています。
最新の機器の方がレーシックの安全性は高いですが、料金もそこそこ高くなります。
ですので、安全性を取るならやはりそれなりの金額になります。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.