レーシックイメージ

レーシックは健康保険の対象外

レーシック手術というのは、すべて自由診療にもとづく治療法ということになるため、残念ながら健康保険の適用除外手術となってしまいます。
ですからすべての費用は自前で支払っていく必要があります。
安い費用であれば20万円台から用意されているようですが、保証量や薬代などを含めると、平均して50万前後は支払っている患者さんが多いようです。
たとえば最新の検査機器をつかって眼球の形や角膜の状況などを調べていくことになると手術費にプラスして10万から15万の利用料を求められることは頻繁にありますから、ある程度まとまった金額を覚悟しておく必要があると思います。
実際に私が治療を受けたときも、結果的にほぼ50万弱の費用がかかりました。
健康保険ではありませんが、医療保険や生命保険の医療特約に加入している場合には、手術により給付金が出るケースがあるようです。
これも加入している保険の保障内容によってかなり異なるようですが、過去に加入して手術の時に給付金がでるような内容で契約している場合には、ほぼ10万円程度の給付金が実際に支給されているケースがあるそうです。
しかし最近の保険ではこうした給付をしないように約款で取り決められていたり、一定期間加入しないと給付対象にならないようにしたりと、かなり条件からはずす方向に動いているようですので、すべてがこの対象になるとは限りません。
まずは加入している保険会社に問い合わせてみるのが確実な方法ということになります。
また、保険ということではありませんが、年間で10万円以上を利用して手術や医療行為を受けた場合の確定申告における医療費控除による税金の還付を受けることも可能となります。
こちらの制度の場合、まず税金を支払っていませんと還付の対象にはなりませんので、人によって、その申告所得と関連した還付レベルとなりますから一律いくら戻ってくるとは言いにくいものですが、これも確実に税金から返してもらうことができますので、申告したほうがお得ということになります。
現状では、健康保険に代わることで少しでも費用を軽減できるものとなると、この程度のことしかありません。
しかし実際にこのレーシックによる治療を受けてみますと、翌日には飛躍的に視力が回復することとなり、視力というものがいかに人間が健康で快適に生活していくことに重要な役割をはたしてくれる機能なのかについて本当に考えさせられることになります。
これは個人的な印象ですが、40万とか50万程度の費用で健康な視力を取り戻すことができるのであれば、たとえ健康保険の対象にならない自由診療であったとしても、ぜったい受けるべきではないかと私は強く思います。
そのぐらい目が回復することは大きなメリットがありますし、なにより生活が大きく変わることになったことを実感しました。
メガネをかけているということは、半ば当たり前のようになってしまいましたが、裸眼で正常な視力のもとで暮らしていくことが、どれだけ清清しくて健康的であるかということは、経験してみなければわからないことだと思います。
そのぐらいプライスレスな結果を得ることができるのがレーシック手術だと私は思っています。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.