レーシックイメージ

原眼科でレーシック手術を受けました

近視でも乱視でも屈折矯正手術を受けることで治療ができるようになっている最近では、様々な病院が屈折矯正手術を行なっています。
しかし、屈折矯正手術といっても病院によって矯正してくれる症状は様々で、中には近視だけならば出来るというクリニックもあれば、乱視でも治療ができるという病院もあり、その内容は様々です。
私が治療を受けたのは原眼科という病院で、原眼科はレーシック手術での近視性乱視の手術を行うことが出来る病院なんです。
原眼科でのレーシック手術は通常の検診を受けてからのレーシック手術になるので、突然レーシック手術を行うための検査をするのとは違い、通常の診療からはじまるので、自分の症状をより知ってもらってからの手術が可能なところが、他のレーシックを専門としているクリニックなどとの違う所だとも思います。
この屈折矯正手術意外の手術も沢山行なっていますし、日帰りでも入院でも大丈夫というところが気に入りましたし、安心ができると思い、私はここで手術を受けることにしました。
原眼科では、眼の調子だけでなく、全身の状態に対してもしっかり診てから手術ができるのかどうかという判断をしてくれますし、手術前のチェックはかなり念入りにしてくれたので、この手術自体がどれだけの症状を生み出す可能性があるのかというのも先生方が理解をした上で検査をしてくれているというのが身にしみてわかりましたし、この手術でどれだけ私の視力が上がるのかや、自分の近視性乱視がどれほどのものかということもしっかり教えて頂けたので、対応には非常に満足出来ました。
手術はエキシマレーザーを使用しての手術となり、私は特に問題もなかったので、基本的な外来治療となりました。
手術がすぐ終わった後はなんだかぼんやりしていたのですが、翌日の朝にはかなり裸眼ではっきり見ることができるようになっていたのには本当に驚きましたし、屈折矯正手術ってこんなにもはっきり見えるようになるものなんだなと思うと、自費診療と言われてはいましたしお金はかかりましたが、手術をお願いして本当に良かったと思いました。
その後半年ぐらいは通院しながら様子を見て下さいとの事だったので、そのまま様子を見ることになりましたが、術後の通院もありました。
翌日から1週間後と1ヶ月後に検査をして頂きましたが、私の場合は好調で特に問題もない状態で、見事に視力は上がっていますし、乱視もない状態になっていました。
3ヶ月後と6ヶ月後にも視力が落ちるなどのことはなかったため、そのまま終了となりましたが、現在でも好調ですから、原眼科で手術を受けて良かったと思っています。
これから屈折矯正手術をどこかでしてもらおうと思って病院探しをされている段階の方には、私は自分が治療を受けたこの眼科を非常におすすめしたいと思っていますし、乱視でも手術をしてくれるというところはそこまで病院自体も多くなかったような気がするので、1候補に入れてみてはいかがでしょうか、翌日になってすぐに乱視がよくなっていて、はっきり見える感動は本当に驚きます。
また、他にも多数の手術を行なっていて、白内障手術などもできる設備がありますから、こういった症状をお持ちの方にもお勧めできる病院です。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.