レーシックイメージ

レーシックの現状と体験談

私もレーシック経験者ですから、これから申し込みをしようか考えている人の不安は良く分かります。
何と言っても目の手術ですから、メガネやコンタクトにするのとはわけが違いますよね。
私がレーシックを考えたキッカケは、子どもが生まれたことです。
私は長いことメガネだったのですが、子どもはとにかくメガネが大好きで、ダメといっても触ってしまいます。
結局は曲がってしまい、買い直すにも高くつきますし、またいつ壊されるか分かったものではありませんから、最初はコンタクトを考えました。
しかし、コンタクトは衛生面を考えると使い捨てが好ましいのですが、費用がかなりかかりますし、私の場合は花粉症もありますから、コンタクトだと不便なこともあって断念しました。
そんな時に親戚にレーシックを進められたのです。
親戚は何年も前にレーシックをしたのですが、今だに視力も落ちておらず、特に違和感もないと言っていました。
また、会員の紹介があると、かなり費用が安くなるとのことでした。
しかし、その後実際に申し込みするのには、半年くらい考えました。
家族や仕事のこともありますし、さすがに、簡単に目の手術しようかという気持ちにはなりませんでしたね。
そして、半年の間にレーシックの現状をネットで調べまくりました。
調べた結果としては、目の手術とは言っても、私が考えていたような手術ではなく、簡単で短時間のものであることや、事前にかなり検査するので安全性が高いこと、また、実際に手術した人は長年経過しても視力が落ちないで生活していることが分かりました。
そこで、親戚に紹介チケットを貰って、とりあえず事前の検査を受けることにしました。
私の場合は東京で検査を受けたのですが、ビックリしたのは、広いロビーに人がいっぱい待っていたことです。
こんなにたくさん同じことを考えている人が存在することが分かって、すごく安心しましたね。
その分、検査までかなり待たされましたが、周りの人の様子を見ながら時間を潰していました。
そして、検査は非常にしっかりしたものでした。
視力や乱視の程度などは当たり前として、目の硬度や遺伝子検査なんかもありましたね。
これらの検査で手術が受けられないと判定される人もかなりいるそうです。
長い検査が終わると医師との面談があり、手術を受けるのに適しているか説明があります。
また、料金コースの説明もありますが、数人が一緒に説明され、その場でどのコースにする予定か聞かれる変わった形式でした。
しかし、料金コースが高いほど、安全性や術後の経過が良いとの説明なので、ほとんどの人は一番良いコースを選んでしました。
私も紹介割引がありましたし、目の手術でケチるのも嫌だったので一番良いコースを選択しました。
実際の手術は別の日にあるのですが、手術自体は拍子抜けするくらい短時間です。
痛みもありませんし、手術されているようか感覚もありません。
目を開いたまま、洗われている感じです。
手術が終わると術後の説明があり、たくさんの目薬を渡されて、その日は終了です。
一日くらいは目が痛みますが、痛み止めの目薬で痛みは無くなるので心配ありません。
術後は定期的に検査に行く必要があり、私も行きましたが特に問題もなく、一年経過した今も視力は両目とも1.5あります。
目が良くなると、文字どおり、見える世界が変わりますよ。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.