レーシックイメージ

レーシックを受ける回数の限界

レーシックは角膜をレーザーで削ることによって、視力を矯正することができる手術であるため、角膜の厚さに削れるだけの余裕がない人、目に病気を抱えている人は手術を受けることができません。
自分の目が手術に適しているか、異常がないかといったことは手術の前に行われる適応検査によって知ることができ、結果によって医師にレーシックを受けられるか判断してもらい、自分自身も手術を受けるかどうか決定します。
私は自分の目の健康状態に自信があったため、検査を受けるときは何も心配していませんでした。
しかし、検査の結果を聞いて暗所瞳孔径が手術の際に使用されるレーザーの照射径とほとんど同じ数値であることや、涙の量が少し少なめであることなどを聞き、驚きました。
手術を受けるには問題がない結果であることから、医師からは特に何も言われていなかったにもかかわらず、手術を受けるかどうか迷いました。
知り合いでレーシックを受けた人から話を聞いていると、手術の後に感じる痛みや目の渇き、手術を受けた日から目を保護しながらの生活をしなければならないこと、1年くらい経過した頃に再び視力が落ち始めているということが話題になり、料金も高額だったため、視力が必ず良くなるという保証がないのなら受ける意味はないと思い始めていました。
医師に迷っていることを相談しているときに、私の角膜は普通の人よりも厚さがあり、何年か経過してから視力が再び落ちてしまったとしても、二回目の手術で限界まで角膜を削ることによって、もう一度裸眼で生活できる視力に戻せる可能性があるという説明を聞いて、手術を受けることに決めました。
私を担当してくれた医師は手術を受ける決意ができない私の質問を聞いて、納得できるように理解するまで説明をしてくれたので、安心して任せようと思えたことが手術を受ける決意をした理由の一つだと思います。
角膜の厚さや湾曲度はレーシックの手術においてとても重要なことで、手術に耐えられるだけの厚さがなく、湾曲度が少なすぎたり、また急だったりした場合は手術を受けることができません。
体質的な問題以外にも、視力が強度の近視であるといった人も手術を断られる場合があり、そのときは角膜と虹彩の間に人工のレンズを挿入することによって視力を矯正するなど、別の方法を使って視力を矯正することができます。
また、角膜を切除する量を抑えた手術の方法を採用しているクリニックもありますので、角膜が薄いことを理由に断られた人も諦める必要はありません。
格闘技などの激しいスポーツを職業や趣味にしている人の場合は、角膜に作るふた状のフラップと呼ばれるものを、通常のレーシックよりも更に薄く作ることによって、適応範囲や視力を矯正できる限界を安全に克服した手術もあるため、手術した後に再び好きなスポーツを楽しめるようになります。
私は手術を受けてから数年が経過していますが、視力が落ちることはなく、快適にメガネやコンタクトレンズを使わない生活を送っています。
また視力が落ちるようなことがあっても、二度目の手術を受けて角膜を限界まで削ってもらい、現在の視力まで戻してもらいたいと思っています。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.