レーシックイメージ

レーシック手術後の運動について注意されたこと。

レーシック手術とは、視力回復のために行う角膜屈曲矯正手術の一つです。
角膜にエキシマレーザーというレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変え、視力を矯正していきます。
具体的には角膜の表面を薄く削り、ふたのようにしてめくり上げます。
このふたのことをフラップといいます。
フラップをめくった部分にレーザーを照射し、角膜を削り、その後フラップを元の位置に戻します。
フラップは時間が経過すると自然に定着していきます。
角膜は削り薄くすると曲率が下がり、近視が矯正されるます。
レーシックは、90年代にアメリカを中心に世界中に広まった施術法で、日本でも2000年ぐらいから少しずつ行われるようになっています。
スポーツ選手や芸能人が多く行うようになって認知されてきています。
9割以上の方が、視力1.0以上まで回復していると言われています。
視力は早ければ術後すぐ、遅くとも翌日に矯正できますが、視力が安定するまで1週間〜1ヶ月程度かかります。
私も手術後は少しかすんだ感じがしていましたが翌日にははっきり見えるようになっていました。
私は花粉症の季節に目が充血して、コンタクトを使用することができなくなっていたときに知り合いの勧めで興味を持ちました。
実際に治療を受けると、メガネやコンタクトが不要になり、裸眼で生活できるようになりました。
目というデリケートな部分であるため最初はかなり不安がありましたが、医師から毎年5万人以上が治療を受けていると説明がありました。
ほとんどの人で副作用のものはなく、実績のある医師の治療ではほぼ失敗することがないといわれました。
また、私は趣味で週に3〜4回プールに通っているためそちらへの影響も心配していました。
そのことについても手術前に医師から詳しく説明がありました。
治療のあとには基本的に目に負担がかかるような作業、運動を控えなければなりません。
例えば野球やサッカー・テニスなどの球技スポーツなどは1ヶ月間は避ける必要があります。
目にボールがあたる危険性や目に負担がかかるというのが理由です。
目に直接水が入る可能性のある水泳も同じく1ヶ月控えるように言われました。
マラソンや軽い運動、ヨガなど体を軽く動かす運動であれば1週間たってから可能となっています。
ただし、汗などが目に入らないように注意することは必要です。
それぞれの期間は目安なのでフラップのくっつき具合など個人によって差があるので医師からの許可が必要になります。
手術後に何度か検査に通うのでその時に確認する必要があります。
風呂についても注意が必要です。
手術当日は風呂はさけ、最低でも1週間ぐらいはシャワーと軽いシャンプーぐらいにする必要があります。
それも汗が目に入らないように注意するようにいわれました。
少しぬるめのシャワーを浴びました。
銭湯なんかも多くの人が利用しているため湯船にどんな菌がいるかわからないので避けた方がよいでしょう。
私は手術してから1週間たってジョギングをしていましたがシャワーが目に入りそうで心配だったので汗がでないぐらいに控えました。
女性の方では目の周りの化粧にも注意が必要だようです。
また、パソコンで仕事をしている方も目が非常に疲れるぐらいまで仕事をするのは控えるようにしなければなりません。
目の炎症やばい菌に感染するようなことは避ける必要があります。
医師からの説明と注意事項はしっかり守る必要があります。

Copyright(C) 2010 目の安全.com All Rights Reserved.